お通夜&お葬式のマナーを知っておきましょう!

お葬式で行われる通夜や告別式のマナーをご存知ですか?マナー違反をしたり、知らないで参列したりすると、せっかくの気持ちも台無しです。こちらでは、お通夜と告別式のマナーをご紹介いたしますので、参列する時にぜひ役立ててください。

お葬式での男女の服装マナーについて

お葬式に行われるお通夜は、訃報を受けてからの時間が短いため平服でも良いとされていましがが、お通夜が最後のお別れする所となってきたために喪服を着ることが常識となっています。黒のネクタイや靴下、靴を黒で統一し、派手なネクタイピンや靴の飾りなどを気を付けるようにしましょう。
女性の場合はマニキュアや香水は付けないようにし、肌の露出を抑えたものにして下さい。アクセサリーは付けないのがマナーとなっていますが、一連のパールのネックレスだけは涙の象徴として付けてもOKです。ストッキングは黒を選び、素足で参列する事はしないでください。また、和服は遺族や親族が着る場合が多く、参列者は遺族よりも格式が上の喪服を着ることがタブーとなっていますので、和服は避けるようにしてください。

お通夜とお葬式の違い

お葬式で行われる、お通夜と告別式の違いについてご存知ですか?お通夜は故人と交流があった方や親しかった人達と別れを惜しむ儀式で、告別式は遺族や近親者などが別れをするための儀式なのです。ですから、遺族や近親者でなければお通夜に参列するほうが無難とされています。
お通夜に参列する場合は、開始時刻前に行く必要はありませんが、時間が決められているため終了前までには行かなければなりません。遅れると遺族側に迷惑がかかってしまうので気をつけてください。また、告別式の場合は、開始時刻に遅れるのはタブーです。告別式に参加すると決めているのなら、開始前には到着できるように余裕を持って出かけてください。万が一遅れてしまったのなら、一段落した時点で静かに席につくようにしましょう。

お葬式でのNGな事とは?

故人との別れとなるお葬式ですが、マナー違反をしたり、タブーな事を行ったりしてしまうと、せっかくの気持ちが水の泡になってしまいます。そうならないために、お通夜や告別式のNGワードを知っておきましょう。
お通夜では通夜ぶるまいをするのが一般的だと言われています。故人への供養をする意味があるのでお断りせずに、箸を付けるだけでもするようにして下さい。ただし、知り合いの方などとの世間話をしながら長居をするのはタブーです。また、亡くなられた経緯を聞く、ご遺族との長話も、遺族の悲しみに配慮して避けるようにして上げてください。亡くなった故人との対面を自らお願いするのは、あまり良くありませんが、ご遺族から対面を進められた時には謹んで受けるようにしましょう。