さまざまあるお葬式のスタイル

お葬式というと、大勢の人を招いて仏教式で執り行うという従来からよくあるスタイルが知られています。しかし最近のお葬式には実にさまざまなスタイルのものがあり、それぞれのニーズに合わせて選ぶことが可能になっています。

人間関係を大切にできる「一般葬」

「一般葬」とは、大人数の会葬者を招いて行う従来的なスタイルのお葬式であり、お葬式というとまず思い浮かぶスタイルのものだと言えます。特徴としては、遺族や親族、そして友人といった親しい人たちを始め、会社関係者や近所の人など、幅広い人々を会葬者として招くということがまず挙げられます。そのため、人間関係や社会的関係を大切にしたいという場合に向いているというメリットがあると言えるでしょう。ただし会葬者の規模は100名を超える場合もあり、その分費用も多くかかってしまうというデメリットもあります。しかし、会葬者が多いとその分香典収入も多くなるため、その収入を費用から差し引くと費用を大幅に軽減できるという場合もあります。

身内だけでゆっくり故人を送る「家族葬」

「家族葬」とは、従来の大規模スタイルのものと違って、親しい身内だけで行う小規模スタイルのお葬式のことであり、最近では主流のお葬式スタイルとして知られています。その背景には、わざわざ大勢の人を招く必要性を感じないといったお葬式に対する考え方の変化などがあると言われています。そして小規模スタイルであれば、大勢の会葬者の対応に追われることなく、ゆっくりと故人を送ることができるというメリットがあるほか、小規模である分費用も抑えられるというメリットがあります。ただし、お葬式に参列したくても出来ないという人が出てくる場合もあるため、身内だけの小規模スタイルで行うという家族葬に対する理解を求めることも必要になるでしょう。

シンプルで安く抑えられる「火葬式」

「火葬式」とは、文字通り火葬のみを行うというお葬式のスタイルであり、最近ではその需要も増えていると言われています。とにかく費用を安く抑えたい場合や、会葬者がほとんど見込めない場合、そしてお葬式の儀式を行う必要性を感じない場合などに向いていると言えるでしょう。また、火葬のみというのは、一連のお葬式の儀式を省略するということですが、火葬のみといってもご遺体の搬送や最低限の葬儀用具等は用意されるというのが一般的です。そして依頼する葬儀社によっては、僧侶を呼んでお経を上げてもらうことも可能です(ただし別途料金が必要になる場合もあります)。最大のメリットは、お葬式の費用を安く抑えられるということであり、0万~30万円程度が相場だと言われています。