葬式の終活では家族会議は大切

お葬式は残された家族が執り行うことが多く、家族にとっても大変な作業になります。どのような人にお世話になったのか、誰に亡くなったことを連絡すればいいのかが家族でさえわからないことがあります。そのため亡くなる前にそのようなことはまとめておくことが必要です。

家族だけでおこなう葬儀

とはいえ、お世話になった人達や会社関係者の名前を整理していたところで、そのような方に連絡したり多くの参列者を招いた葬儀をおこなうにも大変な気遣いが必要になり故人のことを悲しむ余裕さえない場合もあります。そのような家族の心情を考え、また自分が親の葬儀で感じたことも参考にして、大きな葬儀はやめ家族や近親者だけでおこなう家族葬をおこなう人も増えています。葬儀場も大きくなくて済みますし、香典返しのような準備にも気を使わなくても済みます。また知らない人を招くわけでもなく参列者に対しての気遣いは不要になります。ゆっくりと故人に寄り添う時間を持つことができます。昔とは違った新しい葬式の形として定着してきています。

予め自分の葬儀を予約しておく

また更に生前から自分の葬式の準備を自分でおこなう終活が注目されています。自分が死んだ後の葬儀について自分でプロデュースして、費用も予め支払っておくことで、死んだ場合に契約している葬儀社に連絡するだけで全ておこなってくれるように手配をするのです。祭壇の大きさや遺影の写真も決めておき、中には遺影ように写真館で生前に撮影しておくという人もいるぐらいです。残された家族はスケジュールに沿って動くだけで済むために面倒なこともなく経済的な負担もなく葬儀を執り行うことができます。また葬儀自体、故人が自分で考えたスタイルなので故人にとって思ったとおりの形で葬儀をおこなうことができます。それが故人を敬う一番の方法とも言えます。

葬儀一連のことを家族と話すこと

また葬式が終了した後のことも考えている人もいます。霊園に先祖代々のお墓を持っている場合には永代供養の手続きをして万が一家計で系譜が途絶える場合でも霊園の方で面倒を見てくれます。定期的にお墓参りをするのが大変だと判断した場合にはお墓を持たずに海や山に散骨するケースもあります。また昔は家に大きな仏壇を持っているところが多かったですが、最近では家具のような外見で小さめな仏壇も販売されているためにそのような仏壇に変更したり、また仏壇自体も持たない家が出てきています。これらの手続きも葬儀社が関連会社を持っていたり提携したいたりするので葬儀社で一括しておこなうことも可能です。そのような希望も併せて、自分の葬儀に対する考えや家族の考えを予め家族会議でおこなっておくことでスムーズな終活ができます。