葬式を執り行う上での準備と心構えとは?

突然にやってる、身近な人とのお別れ。後悔なく送り出してあげる為に、遺族はどのような事をすれば良いのか、考える必要があります。実際に、葬式に関してあまり知識が無い為に、後になって後悔する事も結構あるものです。そのような事を避ける為にも、少しでも葬式の知識を頭に入れておく事が重要になります。

葬式を行う前はスピードと的確な判断力が必要

一般的に、人が病院などに入院していて、亡くなった場合、医師の死亡確認後に、看護師によるエンジェルケアを経て遺族が引き取る事になります。多くの場合は、直ぐに、病院から葬儀社に連絡し、移送してもらいます。昔は、自宅に安置する事が多いものでしたが、最近は、葬儀会社の会館へ、直接安置する事が、一般的になりました。現在の住宅事情を考えれば、家で葬式を行うより、葬儀社で全て行う事が効率的ではあります。その為、病院から連絡し、直ぐに引き取りに来てもらい、その後は葬儀社で、葬式についての相談をしなければなりません。そして、ある程度の相談が出来たら、今度は自宅にて、身内の他に、故人の友人や知り合い、近所やお世話になった人など、大勢の人に訃報を知らせます。これらは、病院で亡くなってから、その日のうちに全てやるべき事です。悲しみを抑え、スピーディーに効率よく、的確な判断をしながら動く必要があります。

葬式の当日は目の回る忙しさ

葬式の相談で、見積もりを出してもらい、それに合わせて葬式の準備をします。ただ、故人を棺におさめるまでは、家族だけで見守って、静かにお別れが出来ます。そして、ご遺体を綺麗にして、メイクを施し、故人のゆかりの品などを添えて、納棺し、通夜、葬式の準備に入ります。当日は、遺族にとっては、ゆっくりと参列する訳には実際はいきません。何故なら、わざわざ会場に足を運んでくださった人々に、ご挨拶や、お礼など、会場中を回らなければならないからです。通夜振る舞いや、精進落とし等でも、ご挨拶周りをする必要があります。このように、葬式当日は色々な所に気を配り、来られた方に感謝を込めて挨拶し、恥ずかしくない応対が重要です。悲しみのあまり、泣き崩れて取り乱す事の無いよう、遺族の心構えも必要になります。きちっとした葬式で故人を送り出す事が、供養にもなるのです。

葬式後の雑務は意外に多い

葬式を終えた後は、誰もが安堵感と疲労感に襲われます。しかし、葬式で、全てやり終えたと思われがちですが、実は、これからが結構大変という事もあるのです。葬式に来て下さった人には、当日に香典のお返しを渡せるので、問題はないのですが、当日来られなくて、香典を送ってきた人、または香典ではなく品物で送ってきた人、連名で花をくれた人、など、後日に色々な形でお悔やみを頂く事も多いのです。そのような場合は、それぞれの品や、金額に対しての香典返しが必要になりますし、ある程度時間が経ってから、訃報を聞きつけ、家に来られる方もいます。その場合も、お返しが必要です。故人が年賀状等でやり取りしていた人にも、手紙で訃報を連絡したり、その方からの香典にも、返礼しなければなりません。葬式前、当日、その後と、すべき事は山のようにあります。後悔の無い葬式の為にも、事前のちょっとした知識を入れておく事は重要なのです。