家族葬のお役立ち情報館~本八幡~

top > 本八幡の家族葬情報 > 家族葬に必要となる費用について

家族葬に必要となる費用について

 最後の瞬間は誰もにやってくることであり、それは避けることができません。
いざその時がやってきた時には、遺族が葬儀を執り行うことになります。
一昔前は、葬儀は家族や親族はもちろんのこと、故人が生前にお世話になった人や親しくしていた友人、近所の人など故人と縁があった多くの人が参列することが当たり前でした。
しかし近年では、高齢化が進んだことや近所付き合い減ったこと、本人の希望など様々な理由から規模の大きな葬儀は執り行わないという選択をするケースが増えています。
そのことから珍しいことではなくなったのが、家族葬というスタイルです。
家族葬といっても家族のみしか参列できないわけではなく、自由度が高いというのも人気を高めている理由の一つであり、金銭面の負担も軽減させることができます。

 本八幡でも家族葬を選択する人がかなり増えており、葬儀の規模が小さい分、当然葬儀に必要となるトータル費用も安くなるというメリットがあります。
一般葬となれば、多くの会葬者がやってくることを想定して大きな会場を選んだり、見栄もあるので内容を豪華にしたりと、トータル費用はかなり高額になります。
それだけではなく、通夜振る舞いや精進落とし、返礼品といった飲食接待費も大きな出費の一つとなります。
家族葬ならば、周りの目を機にする必要がないので見栄を張って豪華な内容にする必要がないのはもちろんのこと、飲食接待費もかなり少なくて済むので、必要となるトータル費用はかなり軽減させることができるのは間違いありません。
金銭面の負担を考え、軽減させたいという人が増えたのも家族葬の需要が増えた理由といえます。

 家族葬は規模が小さくなるので、葬儀に必要となる全体的な費用を抑えることができるということは確かですが、だからと言って出費が一般葬よりも減るばかりではないということも頭に置いておかなくてはなりません。
一般葬となれば、会葬者の人数も多いのでその分、香典もたくさんいただくことになりますが、家族葬は会葬者も少なくなるので入ってくる香典の金額も少なくなります。
そうなれば、結局必要となるトータル費用は家族葬も一般葬も大差はないということも珍しくはありません。
金銭面のメリットのみを考えて家族葬を選択するべきではありません。
家族葬は、最後の別れをゆっくりと過ごすことができ、精神的や体力的な負担も軽減させることができるのがメリットということは頭に置いておくべきではないでしょうか。

次の記事へ

カテゴリー