家族葬のお役立ち情報館~本八幡~

top > 本八幡の家族葬情報 > 家族葬の利点と注意すべき点とは

家族葬の利点と注意すべき点とは

 現在の日本では葬儀に対する考えが一昔前とは変わりつつあり、一般葬のように規模が大きなタイプの葬儀は減りつつあります。
近年では、家族葬のように規模が小さな葬儀が良いという人が増えたことから、本八幡でも家族葬を執り行うことは珍しくはありません。
規模が小さくなる分、当然のことではありますが必要となるトータル費用を軽減させることができるといった金銭面のメリットがあるのはもちろんのこと、身近な人ばかりで執り行うことになるので、会葬者に気を使う必要もなく精神的な負担も減らすことができます。
挨拶をしたりと時間に追われることもないので、最後の別れの時間をゆっくりと過ごすことができます。
慌ただしくならないので体力面の負担も減らすことができるなど、様々なメリットがあることは確かです。

 家族葬には様々なメリットがあることは確かですが、選ぶ際には注意しておかなくてはならない点も当然あります。
まず頭に置いておかなくてはならないのが、家族葬だからといって必ずしも一般葬よりも出費が減るばかりではないという点です。
葬儀に必要な費用が少ないことは確かですが、参列者の数も減るということはその分、いただくはずの香典も減ることになります。
そうなれば、自己負担しなければならない金額も当然多くなります。
金銭面での負担軽減というメリットのみを考えて家族葬を選ぶという人は、本当に安く済ませることができるのかということを考えなくてはなりません。
そのためにも、複数から見積もりを取り、葬儀業者によるトータル費用の違いを比較してから決めるようにしておくことが大切です。

 葬儀となれば故人と縁があった人が参列することができて当たり前という考えを持っている人が多いことも事実であり、そうなれば家族葬を選んだ際に参列できなかった人から不満が生まれてしまい、批判されてしまうことも珍しくはありません。
あらかじめ家族葬を執り行うということを親戚などには伝えておくことが必要です。
親戚の中でも、親しさによって呼ぶ人と呼ばない人がいるという場合には、よりトラブルになる可能性が高いので、どの範囲まで呼ぶのかをよく吟味してから決めることが重要になってきます。
葬儀業者で家族葬を得意としているところならば、そういった時の対処法やアドバイスもしてもらうことができるので、家族葬を得意としていた実績のある業者に依頼するということも重要なポイントとなってくるのではないでしょうか。

次の記事へ

カテゴリー