家族葬のお役立ち情報館~本八幡~

top > 本八幡の家族葬情報 > 家族葬を執り行うメリットについて

家族葬を執り行うメリットについて

 少し前まではお葬式といえば一般葬で、家族や親戚はもちろんのこと、故人が生前にお世話になった人や親しくしていた人、ご近所の人も呼ぶことが当たり前とされていました。
しかし時代の流れとともに葬儀に関する考え方にも変化が生まれており、今の時代は規模の大きい葬儀は望まないという人が増えたことや、そもそも故人の年齢が高齢すぎて葬儀に参列できる人がいなかったり、ご近所の付き合いがないなど、様々な理由から規模の小さな葬儀を執り行うという選択をする人が増えました。
そのことから身近になったのが、家族葬です。
本八幡でも家族葬を選択する人がいきなり増えており、身近になっていることは間違いありません。
家族葬といっても、内容は一般的な葬儀と変わりはなく、規模が小さくなるだけということも特徴となっています。

 家族葬というと家族しか参列することができないと考えてしまいがちですが、家族葬に明確な定義があるわけではないので、故人とかなり親しかった人など遺族や故人が生前に参列してほしいと希望していた場合などには、参列することができるという自由度の高さも人気を高めている理由の一つです。
ごく僅かな人数で、身近な人のみで執り行うことができるので、内容も自由なスタイルにすることができ、形式にとらわれる必要もありません。
家族葬となれば規模が小さいので、会場も小さい場所で良いなど、葬儀に必要となるトータル費用が安いという点もメリットの一つといえます。
葬儀を執り行う上では、通夜振る舞いや精進落とし、返礼品といった飲食接待費にかなりお金がかかりますが、家族葬ならば飲食接待費もほとんどかかりません。

 金銭面で負担を軽減させられるというだけがメリットというわけではなく、精神的や肉体的な負担を軽くすることができるというのも良い点ではないでしょうか。
一般的な規模の葬儀では、多くの会葬者がいるので気を使わなくてはならず、挨拶をしたりと気が休まる時間がありません。
本当に故人との別れを惜しみたいはずの遺族が、ゆっくりと別れを惜しむ暇もなくなってしまいがちです。
家族葬ならば身近な人ばかりなので気を使う必要がなく、挨拶など精神的な負担になることもありません。
ゆっくりと最後の時間を過ごしたい時にもぴったりのスタイルといえます。
家族葬を選択する場合には、周りの了解も得ておき後々参列できなかった人とトラブルにならないように、しっかり準備しておくことが大切になるのではないでしょうか。

次の記事へ

カテゴリー